トライイット

インターネット授業の情報サイト!あなたにピッタリな授業を見つけて成績アップにトライイット!

トライイット

当サイトは映像授業の総合情報サイトです。映像授業の基礎知識や映像授業サービスの評判についてまとめています。映像授業を選びにお役立て下さい。

トライイットについて

トライイットを作った理由

子供のために始めた映像授業の便利さをもっと多くの人に知ってもらいたい、自分に合う映像授業がわかれば、学校の勉強だけでは成績が出せない子供にも、勉強に打ち込める機会を提供できるのではないだろうか、そんな思いからトライイットは生まれました。

詳細

トライイットの目指すもの

もっと多くの子供たちが映像授業を利用して、学校の勉強だけでは、うまくいかなかった子供たちも、勉強の面白さに気づいてもらうことを目的に運営しています。自分の苦手教科の克服、得意教科の先取り、学校の勉強の予習復習を、いつでも、どこでもできる映像授業を存分に利用していただきたいです。

詳細

トライイットを使って欲しい人

トライイットで自分に合う映像授業を見つけていただきたいのは、学校の勉強が苦手な子供たちだけではありません。子どもたちの保護者や、子どもたちを指導する学校の先生や塾・家庭教師の先生たちにも利用いただいて、もっと多くの子供たちに勉強の楽しさを届けたいと考えています。

詳細

コンテンツ一覧

基礎知識

そもそも映像授業とはどんなものなのかについてご紹介します。どのような仕組みで授業が配信されているのか、どのような授業が配信されているのか、映像授業のメリットやデメリット、映像授業の活用方法についてそれぞれ簡潔にまとめてあります。

詳細

サービス比較

映像授業を配信している会社・組織は今となっては多くありますが、今回はトライイットがピックアップした5つの映像授業サービスについて様々な項目で比較します。あなたのニーズに合わせて、ぴったりの映像授業を見つけて、成績アップにトライイット!

詳細

選び方のコツ

映像授業を選ぶ際の基準は十人十色かと思いますが、様々な映像授業を体験してきたトライイットがおすすめする選び方の3つのポイント、「費用」、「誰が授業を作っているのか」、「生徒はどの程度関われるのか」についてそれぞれ紹介していきたいと思います。

詳細

評判まとめ

トライイット運営事務局が行っているサービス比較だけでなく、実際に各社の映像授業を利用した方々からの体験談や評判も自分に合った映像授業を決める上では重要です。サービス比較で紹介した5つの映像授業サービスの評判についてそれぞれ紹介いたします。

詳細

Q&A

トライイットによくある質問

Q1. なぜトライイットという名前なのですか?

このトライイットという名前は、英語の”Try it”から来ています。トライイット運営事務局がおすすめするインターネット映像授業を是非とも試して欲しいという思いでこのような名前にしています。

Q2. トライイット運営事務局とはどのような組織なのですか?

インターネット映像授業について、関心の強いお兄さんたちの集まりです。トライイットは5人ほどの小さなチームで運営しております。

Q3. トライイットはどのようなサイトにしていく予定ですか?

トライイットは、最新のインターネット映像授業サービスを比較するサイトにしていきたいと考えています。
今はまだ、5ブランドのサービス比較しかできていませんが、少なくとも3ヶ月に一度は、最新のサービス比較を行うページを作成していこうと考えています。

Q4. インターネット映像授業を毎日続けられる気がしないのですが、何かいい方法はありませんか?

トライイット運営事務局がおすすめするいい方法はあります。教科、時間、場所に関して自分で自由に決められるインターネット授業は、継続する根気、または習慣が必要です。
継続するための方法としては、毎日同じ時間に同じ量だけインターネット映像授業を活用したり、友達と一緒に授業を受け始めたり、親御さんに協力してもらって、
授業を受けるルールを自分が守るように仕向けるというものです。一度習慣化してしまえば、映像授業を受けないと気持ち悪く感じるようになるので、
2週間ほど頑張って継続して見てください。

Q5. パソコンやスマホ代を含めると塾や家庭教師よりも高くなるのではないですか?

塾や家庭教師の相場が月に2万円以上なので、インターネット映像授業の方が安く済みます。
仮にスマホで受講する場合、スマホ代で1万円ほど、有料の映像授業サービスで高くても5,000円ほどなので、インターネット映像授業の方が5,000円ほど安く済みます。
また、受講にあたって必要なスマホやパソコンは、学校の勉強を効率よくさせてくれるだけでなく、自分でものを調べる習慣も養ってくれるので、より学びのある投資と言えるのではないでしょうか。

公開日:
最終更新日:2015/06/30